自然と共に生きる日本人が、古来から最も大切にしてきた植物を知っていますか?

FrontPage

自然と共に生きる日本人が、
古来から最も大切にしてきた植物を
知っていますか?

よのあさ

よのあさ

大麻は、「まやく」じゃないの?

「麻」(あさ)と「痲薬」(まやく)は全く違うものです。
本来、「痲薬」の「痲」の字はしびれるという意味でした。それが当用漢字制度の導入により「麻」の字が当てられるようになり、「麻薬」と表記されるようになってしまったのです。
大麻に含まれる薬効成分の総称を「カンナビノイド」と言いますが、その中に痲薬成分はありません。戦前の日本では、カンナビノイドを抽出した薬が喘息(ぜんそく)やアレルギーに効く漢方薬として市販されていました。

よのあさ

大麻は、何に役立つの?

戦前までの日本には、大麻を衣・食・住・医療など多岐にわたって利用する文化がありました。
大麻はハーブや食品として活用できるほか、大麻の油は空気を汚さない車の燃料にもなり、繊維は耐久性の高い紙や衣類になり、クリーンな建材や、土に還元するバイオプラスチックの原料にもなります。
循環型社会を形成するために、大麻の利用価値は極めて高いのです。

よのあさ

そんなに役に立つ大麻が、なぜ悪者に仕立てられたの?

敗戦直後の1948年、アメリカGHQの占領政策によって大麻取締法が制定されました。GHQの狙いは、日本での麻の産業を抑制して、日本を石油製品のマーケットにするためでした。

よのあさ

そのアメリカや欧州では今、大麻に対する誤解が解かれ始めた!

2012年11月6日、アメリカのワシントン州、コロラド州で、嗜好品として大麻を使用することの合法化を問う住民選挙が行われ、賛成多数で可決されました。その現実的な目的は各州の税収アップですが、同時に大麻を嗜好品として使用してもタバコやアルコールと比較して体に害を及ぼすことは無いということが公に認められたことを意味します。

よのあさ

そして、この運動が目指していることとは、

画像の説明

※漫画: アンギャマン作「よのあさ」より

第二次世界大戦後、占領軍によって「大麻取締法」が押付けられる以前は、日本では大麻草 を栽培することが国家によって奨励され、学校の教科書でも紹介されていました。
広辞苑で「大麻」という言葉を引くと、「伊勢神宮のお札」と記されています。
「大麻」は「たいま」とも「おおあさ」とも読み、「麻(あさ)」や「ヘンプ」とも呼ばれています。

おおあささまの国、にっぽん! 日本人の心の中にある大麻

この運動は、一人の大麻文化研究者の逮捕事件から始まりました。




日本が日本を取り戻し循環型社会が実現されるために、皆さまへお願い

1. このサイトをシェアしてください。

多くの人々に真実を伝えるために、貴方が運営しているHPやブログ、そしてツイッターなどを活用して、このホームページをお知り合いの方にシェアしてください。


2. facebookページに、いいね!クリックをお願いします。


3. このサイトに皆さまのコメントをお寄せください。

※コメント欄(「コメントする」と表記されているところ↘)に記入してください。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional